汚い汗は体臭の元。あなたの汗は臭いですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「清潔にしているのに、体臭が気になる」「全身からの汗のニオイが気になる」そういう人は、ニオイのもととなるような「悪い汗」をかいている可能性があります。健康的な「良い汗」はサラサラしてにおわないものです。あなたの汗が「悪い汗」から「良い汗」に変わるように、体質を改善していきましょう。

汗は皮膚に存在する「エクリン腺」と「アポクリン腺」という、2種類の「汗腺」から分泌されています。アポクリン腺はワキの下や外耳道、乳首、へそ、性器、肛門の周辺など、カラダの一部分にしかありません。

アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質や糖質、脂質、アンモニアなどが含まれているため、皮膚の常在菌が繁殖しやすいという特徴があり、ワキガ臭の原因になる場合があります(ワキガの改善策や治療法については後述)。

エクリン腺は全身に分布していますが、出る汗は水のようにサラッとしており、ニオイはありません。蒸発しやすく、体温調節のために必要な、「良い汗」なのです。しかし、運動不足やストレスが高じたり、腸内環境が悪化したりすると、エクリン腺からの汗もベトベトした「悪い汗」に変化することがあります。

ベトベトした汗は蒸発しにくく、皮膚の常在菌が繁殖しやすいため、汗臭さやイヤな体臭の原因になってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*