緑茶に含まれるポリフェノールで身体の体臭を消す!

緑茶は身近でありながら、非常に消臭効果の高い飲み物です。安価かつ安全で、いつでも手に入り、誰でも飲むことができるということも緑茶の利点でしょう。

緑茶に含まれているカテキン類やフラボノイドといったポリフェノールにはニオイの成分を中和して、打ち消す作用があります。

また、ポリフェノールは消臭効果だけではなく、殺菌力や抗酸化作用も高いため、雑菌の繁殖を抑える効果もあります。数多くの市販の消臭剤やデオドラント製品、洗剤等の材料としても緑茶の成分が用いられていることはよく知られています。

体臭や口臭が気になる人は緑茶を煎じて飲むのはもちろん、ミキサーで粉砕した茶葉の粉末をお湯に溶き、茶葉ごと飲むのもいいでしょう。

「緑茶をたくさん飲んだら、尿のニオイが軽減した」という例もあります。茶殻をガーゼでくるみ、入浴の際にお風呂に入れるのも肌表面の殺菌や消臭に効果的です。

皮脂が強い男性や女性の方は体臭がきつくなるため加齢臭に注意が必要

皮脂が出やすい「肉食タイプ」は加齢臭に注意せよ

汗腺だけでなく、皮膚の「皮脂腺」から分泌される皮脂がイヤなニオイをさらに強めてしまう場合もあります。とくに肉類や乳製品などが大好物で、毎日たくさん食べるという人は、注意が必要でしょう。

動物性のタンパク質を摂りすぎると皮脂腺が活発化して、皮脂が多く分泌されます。すると汗と皮脂とが混じり合って、皮膚の常在菌に分解され、酸化することでニオイが発生してしまうのです。皮脂腺から分泌される皮脂の酸化は、いわゆる「オヤジ臭さ」で知られている「加齢臭」の原因でもあります。

体臭が気になるという人はまず、「悪い汗」が「良い汗」に変わるように、運動不足やストレス解消に取り組んでみてください。意外なことだと思われるかもしれませんが、ストレスはカラダのニオイの発生に大きく関係しています。お風呂の入り方を少し工夫するだけで汗腺が鍛えられ、良い汗をかきやすくなる、『汗腺トレーニング』を行なうのも効果的です

さらに、食生活のなかに消臭効果の高い緑茶や、腸内環境を良くする食べ物、皮脂の酸化を防ぐ抗酸化作用の高い食べ物も取り入れれば、カラダの外側からだけではなく、内側からも体臭にアプローチすることができます。

また、かいてしまった汗はニオイのもとに変わらないようなるべく早く拭き取りましょう。乾いたタオルではなく、固く絞った清潔な濡れタオルで拭けば、余分な皮脂も合わせて取り除くことができます。

『ミョウバン水』や『アロマオイルローション』も制汗や防臭の効果があり、ニオイのケアに役立ちます。安い材料で簡単に手作りできるので、試してみてください。もちろん、市販のデオドラント製品を利用するのもいいでしょう。

汚い汗は体臭の元。あなたの汗は臭いですか?

「清潔にしているのに、体臭が気になる」「全身からの汗のニオイが気になる」そういう人は、ニオイのもととなるような「悪い汗」をかいている可能性があります。健康的な「良い汗」はサラサラしてにおわないものです。あなたの汗が「悪い汗」から「良い汗」に変わるように、体質を改善していきましょう。

汗は皮膚に存在する「エクリン腺」と「アポクリン腺」という、2種類の「汗腺」から分泌されています。アポクリン腺はワキの下や外耳道、乳首、へそ、性器、肛門の周辺など、カラダの一部分にしかありません。

アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質や糖質、脂質、アンモニアなどが含まれているため、皮膚の常在菌が繁殖しやすいという特徴があり、ワキガ臭の原因になる場合があります(ワキガの改善策や治療法については後述)。

エクリン腺は全身に分布していますが、出る汗は水のようにサラッとしており、ニオイはありません。蒸発しやすく、体温調節のために必要な、「良い汗」なのです。しかし、運動不足やストレスが高じたり、腸内環境が悪化したりすると、エクリン腺からの汗もベトベトした「悪い汗」に変化することがあります。

ベトベトした汗は蒸発しにくく、皮膚の常在菌が繁殖しやすいため、汗臭さやイヤな体臭の原因になってしまうのです。